調剤薬局の皮膚の病気に関する解説するサイト

皮膚の病気の薬

かゆみや炎症、痛みに使う薬は、副腎皮質ホルモン(ステロイド)含有の薬と副腎皮質ホルモンを含有していない薬(非ステロイド性消炎鎮痛剤)それに抗ヒスタミン剤とにわけられます。副腎皮質ホルモン(ステロイド)含有の薬は皮膚の炎症を抑える作用のとても強い薬です。その中でも作用の強さに応じて「最も強い薬」「次に強い薬」「強い薬」「普通の薬」「弱い薬」にランクづけされています。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

作用の強いステロイド剤は上手に使用すればとても良い薬ですが使い方しだいでは副作用がでやすい薬にもなります。良く効くからといって多量に連用すると、とりかえしのつかない副作用(毛細血管が収縮し皮膚がうすくなり血管が浮き出てくるなどの)も生じてきます。高齢者では皮膚が薄いため「次に強い薬」以上の薬は避けた方が宜しいでしょう。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

非ステロイド性消炎鎮痛剤としての医療用の薬にはベシカム、コンベック、ジルダザックなどの外用剤があります。ステロイドに比較し作用はやわらかく連用されても特に皮膚の弱い人以外はほとんど副作用の生じない薬です。日常的にはこういった薬を使用し、症状のひどい時にステロイド剤を使用する場合や激しい症状をとりあえず抑えて、ある程度症状が抑えられればこの主の薬を使うといった使い方をする場合があります。又鎮痛効果もありますので帯状疱疹や皮膚の痛み、にきびなどで使用されたりもしている薬です。

 

薬剤師 就職