調剤薬局の皮膚の病気に関する解説するサイト

皮膚と日光の関係

人間の体は、日光を浴びると皮膚の表面にビタミンDが形成され、体内に取り込まれます。これは、骨の発育を促したり、結核菌の増殖を抑える働きがあります。かつて日光浴が良いとされていたのは、こういう理由からですが、現代の食生活において、食品から充分にビタミンDが摂取できていて、不足するということはまずないので、過度の日光浴は必要ないとされています。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

皮膚の老化は、個人差はありますが一般に20歳から始まるといわれています。これを自然老化といいますが、紫外線によっての皮膚の老化は自然老化とは全く異なるものといえます。シワやシミの80%以上は紫外線が原因でできているといわれていますが、それだけでなく、ほくろやイボもできることがあります。これが長期にわたって紫外線を浴び続けると皮膚の抵抗力を失って細胞のDNAが傷つき悪性化することがあり、皮膚癌の一因になるといわれています。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

日常生活では、紫外線に対する防御として外出時の帽子、日傘の着用や紫外線の強い昼間の外出を避けることや サンスクリーン(日焼け止め)の使用が効果的です。サンスクリーン(日焼け止め)は最近多数の製品が市販され、簡単で有効な手段と思われます。サ ンスクリーンの強さを表す指標としてSPF値があります。最近はどの商品にも記載されています。また化粧品が原因でシミができる場合があり、原因の究明と排除が必要です。

 

薬剤師国家試験