調剤薬局の皮膚の病気に関する解説するサイト

スティーブンス・ジョンソン症候群とは

スティーブンス・ジョンソン症候群とは、皮膚症状、粘膜症状、眼症状をあわせもつ皮膚科の疾患です。重症型薬疹によることが多く、口唇、口腔粘膜、鼻粘膜、外陰部、尿道、肛門周囲、眼の結膜等の粘膜や躯幹に発赤紅斑、びらん、水疱がみられます。発熱のほかに、悪寒、全身倦怠感、食欲不振、咳嗽、胸痛、咽頭痛、関節痛等を伴います。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

薬剤師 就職