調剤薬局の皮膚の病気に関する解説するサイト

皮膚炎とは

皮膚炎とは、皮膚に起こる炎症のことです。 皮膚炎の症状には、その疾患により様々なものがありますが、代表的な症状としては湿疹があります。痒みを伴うもの、伴わないもの、赤みがあるもの、多発して発生するものなど、皮膚炎により多種類の湿疹が確認されています。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

接触性皮膚炎の症状としては、水泡、紅斑、丘疹といった痒みを伴う湿疹が特徴です。これが全身に広がって、自家感作性皮膚炎と呼ばれる症状となるケースもある皮膚炎です。場合は、フケが大量に出ることも症状として知られています。
酒さ様皮膚炎は、赤ら顔やにきび状の湿疹、火照り、ピリピリ感、痒みなどが特徴的な症状となる皮膚炎です。20歳くらいから中年の女性にかけて多く発症する疾患と言われています。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

アレルギー性の代表的な皮膚炎といえば、アトピー性皮膚炎ですが、主な症状としては長期にわたる痒みを伴う湿疹があります。この皮膚炎の症状が出ている皮膚が、カサカサに乾燥したり、ジュクジュクしたり、痒みがあるためかきむしってカサブタになったり、化膿してしまうこともあります。アトピーの症状の最大の特徴は痒みと言われています。時には、睡眠を妨げるほどの強い痒みにおそわれ、症状がますます悪化し、慢性化してしまうという問題もあります。慢性化すると、皮膚が分厚くなる苔癬化や色素沈着なども症状として現れるようになります。

 

薬局