調剤薬局のメラノーマについて

メラノーマについて

メラノーマはメラノサイトとよばれる色素細胞が、がん化したもので、通常、この母斑細胞からメラノーマに変化していくことはないとする学説と、一部のものは変化することもありうるとする学説があり、今のところ実はホクロからがん細胞への変化に関しての統一した見解はありません。

 

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

通常の良性のほくろは簡単に悪性に変化するものではないと考えられます。しかし、普通のほくろと思っているものの中にも、ガンの初期段階であることもあり、注意が必要です。

 

メラノーマは、ほくろと違って形が非対照で、輪郭がギザギザで色が黒く色むらがあり、どんどん大きく成長します。

 

短期間で「1〜2年で倍以上に大きくなってきた」「表面がでこぼこしたり、形が崩れてきた」「赤や黒、茶色や肌色などが混ざった色をしている」「最初は茶色っぽかったのに、しだいに黒く変色してきた」などのような変化があれば、

 

ほくろではなく皮膚がんが進行している可能性があるので、十分に注意が必要です。

 

薬剤師 求人 大阪
薬剤師 求人 神戸