調剤薬局のスティーブンス・ジョンソン症候群の原因

スティーブンス・ジョンソン症候群の原因

原因としては、医薬品、ウイルス、マイコプラズマ、太陽光線などの物理的刺激等によって起こるアレルギー性の皮膚反応と考えられています。



医薬品が原因となる場合が多いとされており、文献によると59%は医薬品が原因と推定されたとの報告があります。




薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。



スティーブンス・ジョンソン症候群を起こすおそれのある薬剤には、全身麻酔剤、催眠鎮静剤、解熱鎮痛消炎剤などもあります。



他には眼科用剤、利尿剤、降圧剤、消化性潰瘍用剤、不整脈用剤、歯科口腔用剤、下剤、痛風治療剤、マクロライド系抗生物質などがあげられています。

 

薬剤師 就職